漢方相談

 ›
自律神経失調症

自律神経失調症

検査で異常がないのに体調が悪い方へ

どうも体調がおかしい、でも病院の一般検査では何ともなくて、何が原因か分からない事ありませんか?
ひょっとするとそれは「自律神経」がバランスを乱して現れる「自律神経失調症」かもしれません。
これらは不定愁訴とも呼ばれています。

不定愁訴とは?

「頭が重い」「よく眠れない」など、何となく体調が悪いけれど、検査をしても病気が見つからない状態を指し、自律神経失調症と診断されることが多いです。
自律神経失調症と診断されることが多いです。

自律神経失調症

自律神経失調症の症状をチェックして見よう!

  • だるい
  • 頭痛
  • 不安感
  • 多汗
  • 息苦しさ
  • 肩こり
  • 胸の痛み
  • 意欲が出ない
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • のどのつかえ感
  • むくみ
  • 不眠
  • 手足の冷え
  • めまい
  • 疲れ目
  • 疲れやすい
  • 耳鳴り
  • 吐き気
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 頻尿
  • 落ち込む
  • ほてり
  • ゆううつ
  • 便秘・下痢

これらは不定愁訴とも呼ばれています。

季節の変わり目に出やすいのも特徴です。

自律神経失調症とは不快な症状が続く状態を指し、正式な病名ではなく、一般に「診断名」として用いられています。