ブログ

 ›
 ›
後鼻漏・副鼻腔炎・鼻炎の養生

後鼻漏・副鼻腔炎・鼻炎の養生

鼻の相談に来る方は、僕に相談する前には
耳鼻咽喉科へ受診して(複数の場合も多い)
なかなか治らないからと
来られます。

病院とは違い、
検査や患部を診るなどはできませんので
これまでの経過を詳細に教えてもらって
現在出ていてお困りの症状の原因を
中医学の理論で考えていきます。


鼻の症状は、「粘膜の腫れ」
が起こっているので
この腫れをいかに治すかがポイントです。

しかし、他の病気でも同様ですが、
「後鼻漏だからこの漢方」と飲む薬が
決まっているいうことはありません。


長く患っている方は、
治りにくくしている習慣があり
粘膜の腫れが改善しない理由を考えると、
毎日の飲食は大きなポイントです。

一日の生活でどんな食事をしているのか?
いつどれ位水分を摂っているのか?
しっかりとお聞きするのは
この理由からです。


最後は漢方薬を買っていただきますが
その前に養生として、
「●●●を止めて下さい」等お話して
少しでも粘膜の腫れを起こさない様に
お伝えしています。

「そんなこと一度も聞いた事ない!」
とお客様からはよく言われます。


これまで耳鼻咽喉科で改善しなかった
症状が良くなるのは、原因から
しっかりと変えてもらうように
しているからです。

粘膜の腫れは、
むくみ鬱血があると考えるので
問題は、どうして水分の停滞があるのか?と
鬱血か起こっている理由を
考えていくということになります。

この時に使用する漢方薬は
体質や生活習慣で変わりますが
養生法はほぼ同じになります。


まず大切なことは、砂糖など甘いもの
を徹底的に控えることです。

また、揚げ物など油も良くないです。

あと、胃腸の冷えが粘膜の腫れを悪化させますので
冷たいモノも中止です。

水分については、基本的には
現在身体に余分な水分があると考えると、
摂取する量は減らしてもらいます。

また、摂取する水分は温かい方が良いです。


この辺りのポイントを、
お客様の体質と習慣に合わせて
優先順位を僕が決めて、
必要な養生をお話ししています。


養生は、これまでの習慣を変えるので
ずっと続けることはもちろんのこと
短期でもストレスになることは多いです。

完璧を目指す必要はなく、
少なくとも相談に来る前よりは、
注意点を守ってもらえると
漢方薬が良く効いて早く治りますよ!

養生するのは、
漢方で余分な水を抜いているので
身体に余分は水が増えない様にするため
と考えて意識は高めて下さいね。


因みに、僕が感じる早く
良くなっていく人の特徴は
以下の通りです。

◎若い人(=元々の治癒力が高い)
◎病歴が短い人(=粘膜の弱りが軽い)
◎養生を厳守できる人(=早く腫れが引く)
という傾向があるように思います。


鼻の症状は一度こじれてしまう
と長引きます。

西洋医学だけでなく、
漢方を専門にしており、
ある程度の鼻治療の経験のある薬屋さんに
相談するのも一つの方法ですよ。