ブログ

 ›
 ›
アトピー悪化要因を理解して

アトピー悪化要因を理解して

最近アトピー悪化で
新しい方の漢方相談が
多くなっています。

夏に悪化しやすいケース
冬に悪化しやすいケース
人により一年中
かゆみが出る方もあります。

身体のバランスが崩れて
悪化していると考えて
漢方薬は
余分は減らすし
不足は補うし
停滞は循環させます。

しかし
漢方薬だけで
アトピーが出ない状態を
維持できる様になるのは
簡単ではありません。

自分がアトピーを悪化させている
原因を理解していきましょう。

では、アトピーの悪化に
影響する素因について
どんなことがあるでしょうか?

肌のバリア機能低下で
(↑↑↑最終根本的にはこの改善です)
乾燥・敏感肌で悪化

紫外線による皮膚の刺激で
悪化

ストレスで悪化

発汗により悪化

乱れた生活から悪化
(睡眠の質・食事の内容など)

掻いてしまってキズを作り
その後に悪化

接触性皮膚炎として
衣服や化粧品により
悪化

食べ物アレルギーとして
食物抗原摂取で悪化

花粉やペットのアレルギーより
悪化

誤った治療法で悪化


挙げてみると
悪化理由は
だいたいこの中であります。

その理解を自分で気づけると
未然に防ぎやすくなります。

『出ない状態を維持する』
という視点を大切にして
漢方と養生しながら
アトピーの波を
減らしましょう。

悪化した時に
原因を解明して
次に活かせる様にしましょう。

そのサポートを
行える専門家に
フォローしてもらうと
アトピーの改善は
早いです。

僕も信頼できる
中医師の方と出会い
中医学(漢方)を学びつつ
皮膚の相談をしてもらって
今ではアトピーを制御でき
身体の悲鳴を知らせてくれる
アラームとして
むしろ有難いと
アトピーを思えるまでに
なりました。

アトピーが悪化した時は
つらいけど
身体には無理させているので
その負担を減らしてあげられる
自分を築いていくことが
大切になります。

成人型の慢性アトピーは
時間が必要になりますが
悪化パターンの理解を
しっかりできる様に
なっていってください。

自分の悪化要因が
ほぼ理解できてくると
悪化もひどくなりにくいです。