ブログ

 ›
 ›
慢性上咽頭炎 食事が大事

慢性上咽頭炎 食事が大事

慢性化した不調
全てにおいて
言えますが
症状を抑える治療をしても
改善しない場合
飲食の改善を行った方が
良いです。

慢性の上咽頭炎の場合
炎症が続いているので
炎症になりやすいものは
控えましょう。

また炎症がずっと続いているので
粘膜の潤い不足(弱り)もあり
補陰したいところです。

炎症を抑えたいので
砂糖の入ったもの
油っこいもの
モチ米製品
香辛料
保存料入りのもの
乳製品・クリーム類
ハム・ソーセージ類
は控えた方が良いです。

特に炎症がひどい時は
口にしない方が良いです。


その代わりに
葉物野菜をしっかり
取りましょう。

葉物野菜の目安は具体的に
基本キャベツで1日1/2個位
は食べましょう。

野菜の水分が潤いを上げて
炎症も抑えてくれます。

冬なら白菜になります。

ボリュームが大切になりますが
鍋やスープにして
たっぷり取って下さい。

口にしたものから
身体は作られるので
1週間位上記のものを控えて
葉物野菜メインにして下さい。

その上で
炎症を抑える清熱薬や
潤いを高める補陰薬など
状態に合わせた漢方薬を
服用していくと
改善しやすいです。

ここまで長年にわたり
症状を拗らせた方ほど
漢方薬飲みさえすれば治ると
考えないで欲しいです。

効き目の良い
病院の治療薬で
治らないのは
効く状態ではないので
治療薬が効く身体にする
という視点で
食事から変えましょう。

本来は自然治癒力があるので
治る方向へ行きますが
治らないのは
何かが足を引っ張っています。

その理由が
飲食にある場合が
ほとんどです。