ブログ

 ›
 ›
中医基礎・診断学講座4受講

中医基礎・診断学講座4受講

基本をしっかり学びなおそうと考えて
今年は年8回の中医基礎の講座を受講して
復習しています

本日の講義は五臓の『肝・腎』でした

13時~途中休憩をいれながら
4時間の講義

ZOOMにて行われましたが、
集中できたので
正直かなり疲れました

目は疲れて、肩はこり、気持ちがソワソワして
気血の巡りが良くないと感じる時がありました

今回は、肝の講義でしたが
講義を受けた僕の状態は
肝で説明がつきます。

肝は、蔵血(けつをぞうす)
主疏泄(そせつをつかさどる)

蔵血とは、肝が血(けつ)を貯蔵していて
身体の血流量を調節しているということ

目を使ってパソコンを見ていましたが
集中してみる事で目を潤している
肝血が消耗していくので
目が疲れます

また肝血は筋を主っていますが
血の消耗とともに同じ姿勢であることから
肩コリは起こります

主疏泄は、気血の流れを調節しており
臓腑機能や気持ちに影響するということ

集中して講義を聞きましたが
同じ座った状態を長く続けることで
気血の巡りが滞り
気持ちが途中でソワソワして
集中できなくなりました

今日は、肝のことを学びましたが
肝を弱らせながら講義を聞いていたな
と自分を振り返ってみました

身体を中医学の視点で眺めると
漢方薬を選ぶこと以外にも
バランスを整えるための生活養生法も
分かるようになります

今日は『肝』をしっかり使ったので
今からちょっと散歩して
食事をしたら
早く寝ようと思います。